15 Jun 2009

時の流れ. 30年間 The march of time. For 30 years


光が当たっている方向へ目をやりました。
そこには子供用の自転車のタイヤが。

雨の日も風の日も そして雪の日も
約30年間この木と共に過ごしてきたのでしょう。
そして これからも。それでも・・・

ふとこんな言葉が浮かんできました。

『Life is wonderful 』



I looked up to the sunlight.
There was a kids bike tire there.

It may have spent about 30 years in the tree,
through rain, wind and snow.
And, into the future. Then・・・

The words popped into my head.

『Life is wonderful 』








18 comments:

mana said...

BELLYさん こんにちは~♪

本当だ~~ 自転車のタイヤだ。
いつからそこにいたんでしょうね~^^
この木の成長と共に、一緒に上へ上へと
それで高い所にあるんでしょうか・・・・。

↓昨日の記事へコメントしたんだけど・・・・
反映されてないみたいです^^;
送信してなかったのかな~~
改めて、
いちごの季節は、これからなんですね~ (^^)
こちらは、もう~すっかり見なくなって・・・
最後に食べたいちごが、5月の中頃でしたか・・・・・
また来年までお預けです・・・・^^

BELLYさんの画像をみて、
香りがこちらまで漂って来そう~(想像 想像・・・^^)
どんな風に食べたのでしょう?
シンプルにそのまんま あ~んとお口へ・・・・
そんなBELLYさんを想像しつつ・・・・・笑
今週もよろしく~ (^^)/
ρ('ー'*)ポチッ

unice said...

お写真を拝見して、とっても微笑ましいな
と思いました。この木が小さな頃が思い
浮かんで、さらに成長していく木があって、
子どもやそれを見守る人たちが居て。
楽しい想像の時間になりました♪

ちょうど、私も一本のくるみの木を育てよう
と思っているところなんです。今から30年
という時が経ったらどんな表情を見せて
くれるかな~、って^^ 
その時は、この木はどんな風になっている
のかな~。

caramel said...

30年間、自転車のタイヤは
この木と一緒に空に向かい続けてるんですね
何故タイヤがこんな状況に。。。?
誰かがタイヤを枝に掛けて
木はタイヤを掛けたまま成長したのでしょうか。。。

このタイヤは地面は走れなかったけど
他のタイヤが見れない世界を
ずっと見続けてきたんですね。
一人?ではなく、この木と一緒に^^

n_naturaln said...

BELLYさん、こんにちは♪
大変ご無沙汰しています。体調をご心配
いただきありがとうございました。
おかげですっかりよくなりました。ただ
少し無理をしないようゆっくり過ごしたいと
思います。
タイヤを見て、少し複雑な気持ちになりました。なぜこんなところにあるんでしょう。
30年間もこんなところに・・・。
どうしたんでしょうね。

にぽぽ said...

すごくストーリーを感じちゃいますね!
最初は地面に転がっていたタイヤなのかな?
それとも、ちょっと大きくなった気に、子どもがエイって投げたのかな?
木というのは、人間よりながーく生きていくのですもんね。
このタイヤも、いつまでもいっしょなのかな?
応援( v^-゜)σ★★

トマコ said...

30年前に誰かがかけた自転車のタイヤ♪
光が当たって、ここだよ~って・・・
もしかしたら、タイヤの持ち主さんも
時々ここに来ていたりして(^^)
この木も、ずっとタイヤを大事に抱えて
思い出を大事にしてくれてるんですね。
楽しくて温かい光景ですね~♪

ちょっと違うけど、筍の季節の終わりに
伸びた竹のてっぺんに帽子やバケツや
ヘルメットなんかが乗ってるんです。
高~い所にヘルメットやバケツ♪
見つけ始めてから数年後の今年のある日
犯人に出会いました。
竹が伸びるのが楽しくて、毎日見ては
楽しんでいたおじいさんでした(^Q^)
道で出会って立ち話になって、
とっても嬉しそうに話してくれましたよ。
竹はキョトンとして伸びてたのを
ふっと思い出しました♪

HAPPY BELLY said...

manaさんへ
おはようございます♪
ご近所の方に伺ったところ
おそらく30年ぐらいは経っているのでは
と言っていましたので、一緒に成長したんで
しょうね〜^^。

manaさん 再度コメントありがとうございます。
もう優しいんだから...^^.
コメント何処へ飛んでしまったのかしら???
反映されているかどうか判るずらくてすみません!!!
だいたいそのまま食べる事が多いですね^^.
食べきれない時はジャムにしますが
フレッシュのうちに出来るだけ一年分食べて
満足して、来年まで待ちます(笑)
manaさんは今 待ちの状態なんですね〜^^♪
今週もあっという間に過ぎそうですね〜(笑)

HAPPY BELLY said...

uniceさんへ
おはようございます♪
私もいろいろ想像して、おそらく
タイヤを交換した時に、そのまま小さな木に
掛けて忘れてしまったのではないかなあと^^。

くるみ木の30年後も楽しみですね〜。
何だかワクワク。

そして私も30年後も想像してみたんですよ(笑)
人生 晴れ間ばかりではないけれど、
素晴らしいと^^

くっすー said...

はじめまして。
先日ブログに遊びに来ていただき
ありがとうございました。

きれいで素敵なブログですね!
題名どおり、癒されました~。
写真もすごくキレイ・・・うっとり。
応援ポチポチ

HAPPY BELLY said...

caramelさんへ
おはようございます♪
実はこの木は近所にあるのに
ず〜っと気付かなかったんです。
秋になれば落葉して見えやすいと思うのですが...
長く住まれている方に伺ったら
30年ぐらい前では と言っていました。

厳しい環境のなかで苦楽を木と共にして
違った角度から世の中を見続けてきたのでしょうね。
それでも人生は素晴らしいなって思いました^^。

HAPPY BELLY said...

n_naturalnさんへ
おはようございます。
n_naturalnさんのお元気になった声が
聞こえているようでとても嬉しいです^^.

私の想像はタイヤの交換をした時に
当時は小さかった木の枝に掛けて
忘れてそのままになったのではと
微笑ましい光景が目に浮かびました。
これからもずっと木と一緒なんですね〜^^.

またゆっくり遊びにいらして下さいね〜♪

なちゅま said...

こんばんは
木に残っているタイヤ
こんな小さな出来事でも、BELLYさんの手にかかると、感動的な一コマになってしまいますね!
「Life is wonderful」

いつもこう思える毎日過ごしたいですPP

HAPPY BELLY said...

にぽぽさんへ
こんにちは〜♪
今まで気付かなかったのが不思議です(笑)
想像が膨らんでしまいますよね〜^^.

かなり高い位置にタイアがあるので
木がず〜っと元気であれば
これからも一緒なんでしょうね^^.

HAPPY BELLY said...

トマコさんへ
こんにちは〜♪
かなり高い位置にタイアがあったので
私もどうして見付けられたのか
不思議なんですよ〜。
やはり光のせいですね〜。もし当時の
持ち主なら、おそらく40代でしょうか?
こっそり見に来ているのかしら(笑)

筍のお話、楽しい〜 ^^.
そのおじさんの気持ちよ〜くわかります。
しかも一つではなくて
帽子、バケツ、ヘルメット hahaha
ゆらゆら揺れて乗っていてもバランスを
とるのが難しそうですね〜(笑)

HAPPY BELLY said...

くっすーさんへ
こんにちは〜♪
こちらこそ有り難うございます^^.

そんなふうに言って頂き
とても嬉しいです。
私も ももちゃんに
癒されて帰っていましたよ^^.
また伺わせて下さいね〜^^.

HAPPY BELLY said...

なちゅまさんへ
こんにちは〜♪
有り難うございます♪

身近なところから 小さな幸せを
数えていますので...(笑)
色々な事があっても
人生は素晴らしい と思っています♪

Teardrop said...

おはようございます♪
わーなんか素敵。
どんな自転車で、どんな子が乗ってたんだろう?
どんなことでそこにいることになったんだろう?

素敵~(≧▽≦)♪
樹だけが知ってるんですね!
タイヤのアクセサリーを付けてこれからもグングンと成長してほしいですねー

そしてBELLYさんにも応援、ポチ♪

P.S リンク完了しました。今後ともよろしくお願いします。

HAPPY BELLY said...

Teardropさんへ
こんにちは〜♪
何だか想像しただけで楽しくなるでしょ〜♪
全てに歴史があるんだなあと思います。

タイヤのアクセサリーってteardropさん
らしくて可愛らしい表現ですね〜^^.

リンクの件と応援有り難うございます♪

Blog Archive